防音防振の用語集

音の回析

音には回析と言う性質があります。

つまり、音源と受音地点との間に壁を設けても、壁を回り込んでその先に伝わってしまう性質です。空気伝播音の伝わりを遮断するには完全に囲うしかありませんが、写真のように端部に角度をつけることによって軽減する方法があります。音と言うのは光の波長より大きいために回析現象が極端に出てしまうようです。更に低周波となると波長が長くなり、防音には難しい課題となります。

担当:大隅

shaonnheki

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

その他の用語を見る