オフィシャルブログ

残響室と無響室

先日、音響試験ができる製造メーカー様へ見学することができました。

普段ある環境とは異なり、音が反響しやすい残響室は自分の声がエコーとなり人と話す言葉がすべて被って聞き取り難い状態でした。また、無響室は発生される音が壁、地面すべてで吸収されて反響しませんので、話す声の所在が目をつぶっても分かりやすく感じ取れました。

試験室を管理されている方が言われるには、無響室に入って気分の悪くなる方も時々みえるそうです。普段の環境が反響の音が当たり前にあることが良く分かります。

残響室は主に残響室法吸音率と音響透過損失の測定につかわれます。残響室の写真の中央にある黒い窓の様なものは、その向こう側に同じ残響室があり、二つの部屋を遮るように黒い窓部に試験体を設置して音響透過損失を測定するのに使います。

残響室

zannkyou

無響室

mukyoushitu

 

:大隅

 

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る