オフィシャルブログ

扉の防音について

会議室等の部屋で音漏れが気になったことはありませんでしょうか。

最も大きな原因となるのは扉からの音漏れです。

扉は開閉する関係上必ず隙間が空くようになっており、

その隙間から音が漏れてしまうのです。

音は空気の伝搬によって伝わるので、ドアの隙間にパッキンを付けることで

伝わってくる音を減らすことが出来ます。

ですがやはり劇的には効果は見込めないため、壁に吸音パネルを貼ったり、扉を防音化たりと

根本的な改善が必要になります。

現在両面テープ付きのゴムスポンジパッキンの掲載も予定しておりますので、

是非御検討下さい。

担当:石塚

photo61

(※画像はイメージです)

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る