オフィシャルブログ

吸音材 遮音材

吸音材 遮音材を兼ね備えた材料は、非常に少ないのが実情です。音質(音域)、音圧(音量)によって仕様は異なりますが、一般的には吸音材で反響音を減らし、遮音材で音の広がり透過を抑制する方法が一般的です。小さな空間内においては最も有効な手段です。大きなコンサートホールなどでは、建物の壁自体に質量がある為に透過は防ぐことはできますので、反響を以下に抑えるか、観客に心地よく聞かせるかが設計のポイントとなると思います。しかし、部屋や工場、設備などの狭い空間内においては様々な条件が重なり合うことから、空気伝播音の防音は吸音材と遮音材を併用して防音対策を行います。防音材と遮音材を貼り合わせることでスペースの節約ができ、手間も省くことができます。

また、大きな音量のスピーカーを触ったことがある方はご存じだと思いますが、大きな音量になればスピーカーは震えて振動を起こします(個体伝播音)。個体伝播音は、不快感やさらなる空気伝播音を発生し、2次的騒音を生む可能性があります。その個体伝播音を制震材や衝撃緩衝材で抑える事も重要な措置と考え、SVプルーフと言う商品を考案しました。

この三位一体型の末端商品は過去に例がなく、防音関連業者様からも大きく評価をいただいております。また、吸音材と遮音材を併せ持つ製品が今までなかったことにおいて、防音を携わる関係者としては、この商品が防音資材のパイオニアとなれる日を望んでいたりもします。

1

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る