オフィシャルブログ

不燃吸音材ポアルの性能アップ

吸音材「ポアル」は、多くの施設で使用されています。屋外で長期間使用でき、不燃と言う特性を持っていることから、場所を選ぶことが殆どありません。性能も優秀で、取付方法を考慮すれば低音域にも効果を発揮することができます。下記のグラフは非常に面白い効果が描かれています。ポアルと壁の空気層の中に吸音材アコウスティセルとロックウールを入れた吸音率です

ポアルと壁の間に入れた性能の違う吸音材は、ほとんど同じ吸音性能になった事です。さらに500ヘルツを超えた点から効果が落ちにくい傾向を表しています。一方、ポアル単体で壁から離した距離別のグラフ(ピンクと黄色の線)は、壁からの距離で吸収しやすい音域が変わる事です。壁からの距離をもっと大きくすると、低周波の音域を吸音しやすい傾向になっていきます。

人の良く集まる環境下において、声の反響音を抑える事を目的とした場合、人の声は非常に音域が広いので、ポアルとアコウスティセルを合わせた方法が、性能アップに繋がります。

:大隅

ako

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る