オフィシャルブログ

制振材選びの失敗

先日、私の失敗例を挙げさせていただきます。機械の振動のご相談を頂きました。私自身、お話をお聞きした上で、エアコンの室外機の振動を抑える事に適した制振材を提案しました。お客様のところで設置をしていただきましたところ、逆に振動が大きくなったとご連絡を頂きました。振動と言うのは音と異なり、振動の周波数と、振幅を測ることが難しい為、ご迷惑をおかけしてしまった事態になりました。制振材の有効周波数と振幅が合っていないと、振動は増幅され逆効果になります。ご注意ください。

ちなみに、弊社取扱い制振材「シロマー」は、エアコンの室外機の様な細かな振動に適しています。このようなアバウトな表現で大変失礼かと思います(数値では実感がわきにくいと思います)が、今後ともご検討頂きますよう、宜しくお願い致します。

S50

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る