よくある質問(Q&A)

防音を考える際、吸音材を使えば良いのか?遮音材を使えば良いのか?

ページトップへ

防音とは、音の侵入を防ぐ、音を外に出さないようにする事を意味します。

防音を調べた場合、吸音材と遮音材がよく現れてきます。

吸音材の効果は、音の反響を抑える性能を有しています。密閉された空間では放出された音が、室内で反響し増幅されてしまいます。吸音材を貼ることで、反響して増幅された音の力を弱める効果を発揮します。しかし吸音材と言うのは、多孔質のフォームなどの厚みの中で熱に変えて、室内への反射を防ぎます。多孔質=吸音効果であるがゆえに、音のエネルギーが突き抜けてしまいます。

遮音材の効果は、音のエネルギーを通さない性能を有しています。遮音材を貼ることで防音効果が図れると思いがちですが、遮音材は音を通さない代わりに、硬い素材であることから音を反射させてしまいます。つまり、音のエネルギーは室内では消えにくく、本来の音と、反射させた音、この二つの音のエネルギーを遮音させなければいけないのです。

 

つまり防音と言う行為は、囲いのある空間において発生した音の反響を吸音材でエネルギーを弱め、遮音材で音のエネルギーを遮断する組み合わせが、最も有効とされています。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

その他のよくある質問を見る