オフィシャルブログ

マイナス100度での制振材

先日、お問い合わせを頂いたユーザー様の話です。

一般では考えられないマイナス100度以下の環境で使用できる緩衝材が条件でした。その環境下は、特殊のゴムや、樹脂(プラスチック)は使用できないのです。温度の低い環境において、これらの物は衝撃が加わると、簡単に割れてしまいます。

もう金属しか対応できません。しかし、「防音防振ネット!」で取り扱いをしている「ワイヤーメッシュ制振材」(ステンレス)は、300度でもマイナス100度でも物性を保つことができます。細いワイヤーを型に入れ固めて、成形します。更に不燃であることは非常に心強く思います。新たな日本の技術の可能性に役立てられることは、担当として心強く思っています。

best3-400x400

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る