防音防振の豆知識

音の距離減衰

一つの音源から、ある距離で音を測り、その倍の距離で更に音を計ると、最初の距離から音は3デシベルほど下がります。最初の距離の4倍の所では、9デシベル下がります。理論上ではありますが、基本的に環境に影響されない状況であるならば、ほぼ近い数値が得られます。音というのは非常に一般的な数値で表す事が難しく、対数を使った表記となるので、疑問に思う方が多いと思われます。

3デシベル(dB)の差は、一つのスピーカーと、二つのスピーカーから出る音の差になります。

9デシベル(dB)の差は、人の耳で聞いた半分程度(倍)の音の差になります。

環境、感覚によって左右されることもありますが、日常で比べてみると面白いと思います。

音源から離れると

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

カテゴリ: 防音防振の豆知識

その他の豆知識を見る