よくある質問(Q&A)

音響透過損失の表の見方を教えてください。

ページトップへ

音響透過損失は、試験されたものがどのくらい音を透過するかを測定したものです。遮音材の性能を表します。

水平方向(X軸)は、音の周波数(Hz)を表します。左側の周波数の低い数値がいわゆる低音、右に行くに従い高音域になります。440Hz辺りの音域がピアノの鍵盤の中央に位置すると考えてください。(440Hzがラの音の高さとして決められています)

垂直方向(Y軸)は、どのくらい音の透過がどのくらいかを示したものです。上位にあれば遮った音圧(デシベルdB)が高い事を示します。

ここでは、早川ゴム(株)遮音シートMTSの音響透過損失のサンプルとして掲載させていただきます。

MTS-20 音響透過損失グラフ

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

その他のよくある質問を見る