防音防振の豆知識

固体音(固体伝播音)

固体を伝って広がる弾性波を固体音、もしくは固体伝播音と呼びます。振動が元となり伝わる音を示すことも多いです。壁や床の面がスピーカーの役割となり、空気を振動させるスピーカーの役割として発せられます。

よく起因となるのが、モーターなどの回転系の機械です。床や壁に当たる部分は、中心から直角にあたるので、振動となって固体(床、壁、梁、柱など)に伝わります。マンションの場合、真横や真下の騒音ではなく、斜め上や斜め下から伝わるケースもあるそうです。非常に原因を探すのが難しいケースと言えるでしょう。

固体伝播音

 

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

カテゴリ: 防音防振の豆知識

その他の豆知識を見る