防音防振の用語集

吸音

吸音とは、音のエネルギーを吸収して反射を抑えることです。反響音を減らすことが大きな役割です。しかし、音は吸音材を透過してしまうので、防音の効果は遮音材と併せて使うことが重要です。吸音材の特徴としては、音を受け取る面が大きい事が重要になってきます。また、遮音材にも言えることですが、厚いほど低音域への効果を高めることができます。高音域は、比較的薄い物でも対応できるようです。

また、適応している材料として、繊維系、発泡系の物が適していると考えられます。つまり多孔質系の物が良いでしょう。

音は面にあたり振動を起こします。その振動が面を変形し熱に変わり吸音する仕組みとなります。

吸音材の性能は、吸音率と言うデータで判断します。吸音率の測定方式は、残響室法吸音率と垂直入射吸音率の二つあります。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

その他の用語を見る