制振シート 拘束型 ハヤダンパーDT-8D-A(高粘着タイプ)

DT8DA

この商品を購入する

特徴

  • 日常の温度の変化に影響を受けにくく、安定した振動音、衝撃音を低減することができます。
  • 耐久性に優れていますので、長期間にわたって制振効果を保持することができます。

用途

間仕切壁、金属屋根、金属階段、出窓、シャッターボックス、住設機器、家電製品、自動車等

素材説明

制振性能に優れたブチルゴムをベースポリマーに、亜鉛鉄板を表面に積層し、平面の音源に直接貼る事のできる拘束型制振材です。

商品説明

外気の温度にあまり影響を受けない制振材です。強粘着を施していますので、製品自体の性能を十分に発揮できます。

特に、金属板への振動や衝撃音の制振し、個体伝播音を抑制することができます。主に個体伝播音となってしまう間仕切の裏側に貼ったり、スチール(金属)階段などの足音や物を落とした音、シャッターボックスの動力からの個体伝播音やシャッターを巻き取る際の衝撃音等の抑制が主な用途ですが、産業用機械の派生音の低減、自動車の振動を低減して屋内に影響させない用途にも使用されています。

 

ハヤダンパー DT-8D-A 規格表

製品コード品名規格寸法入数重量
DT8DA-16ハヤダンパー DT-8D-A1.6t 300ミリ*600ミリL8枚

0.82kg/枚

 

 

DT-8D-A 基本物性

主要項目単位測定値

備考

密度Mg/㎥1.7JIS K 6868に準拠(ブチルゴム単体の数値)
針入度-45

JIS K 2207 (A型)に準拠

総荷重50g 針1mm 5秒20度

不揮発分98%以上120度*24時間

表中の数値は測定結果です。物性の目安として参考にしてください。測定温度は20度です。

 

DT-8D-A損失係数測定データ(20度)

DT-8D-A 損失係数グラフ

グラフの数値は測定結果です。物性の目安として参考にしてください。測定温度は20度です。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

DT8DA

制振シート 拘束型 ハヤダンパーDT-8D-A(高粘着タイプ)  (DT8DA)

外気の温度にあまり影響を受けない制振材です。強粘着を施していますので、製品自体の性能を十分に発揮できます。

特に、金属板への振動や衝撃音の制振し、個体伝播音を抑制することができます。主に個体伝播音となってしまう間仕切の裏側に貼ったり、スチール(金属)階段などの足音や物を落とした音、シャッターボックスの動力からの個体伝播音やシャッターを巻き取る際の衝撃音等の抑制が主な用途ですが、産業用機械の派生音の低減、自動車の振動を低減して屋内に影響させない用途にも使用されています。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0
注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
DT8DA-16 1.6t 300w*600 8枚 ¥11,232
在庫有り ケース

制振シート 拘束型 ハヤダンパーDT-8D-A(高粘着タイプ)の関連商品