オフィシャルブログ

3dBの差

音の大きさは音圧と呼ばれ、dB(デシベル)で表記されます。dB(デシベル)は、対数と呼ばれる難しい表現で、長さや重さは二つの物が合わされと数値は倍になりますが、dB(デシベル)と言う表記では異なる数値になります。

分かりやすい表現で例にすると、ある環境で一つのスピーカーから音を出します。更に同じ音(同じ音量)を二つのスピーカーで出すと、その音圧の数値は約3dB(デシベル)しか増えないのです。極端な例だと、10人の子供たちの合唱を20人に増やしても、約3dB(デシベル)しか変わりません。環境にも左右されるので絶対的な保証はできませんが、音圧の3dB(デシベル)の差は、大きな意味合いをも

 

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る