防音防振ネット!の納品事例

サッシ工事による防音対策

DSC_0213
DSC_0213 DSC_0204 DSC_0170

事例詳細

工場内から出る騒音を抑える、サッシ工事の用途事例です。 今回の事例の特徴は、防音に対して吸音材、遮音材を使っていない事が大きな特徴です。工場内の騒音が隣接している住宅に迷惑をかけないよう対策したものです。一般的には、騒音を吸音して遮音するセオリーが当てはまるのですが、今回はサッシ工事にて対応できた例を紹介いたします。 老朽化が進む工場で、窓がゆがみ、工場のスキマから騒音が屋外に出てしまうことが原因のようです。「防音防振ネット!」では、お客様の古いスキマのあるスチールサッシから、防音性のある二重サッシに変更し、窓と壁の取り合いのあるスキマを埋めて気密性をよくすることで、防音することができました。防音と気密性は親密な関係があり、当サイトの「空間内における開口比率と騒音の関係」に記載してある通り、小さな隙間から漏れる騒音は、非常に大きいことから、このような方法を取らせていただきました。スキマ対策は、非常に重要です。   最も苦労したのは、サッシをつける下地の作成に大きな手間を要したことです。施工後は気密性もよく、音がしっかりと押さえつけることができ、近隣の方にも対策のアピールができ、効果も十分に発揮できた例です。   追伸:防音対策において、二重サッシは防音に対して非常に効果が出る対策ですが、ペアガラスは防音効果があまり現れませんので、ご注意していただきますよう宜しくお願い致します。 「防音防振ネット!」では、いろいろな用途で気密を高められる材料を扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。  

ご依頼概要

近隣の住宅に迷惑をかけないように、工場から出る騒音を低減したい。

その他の納品事例を見る