オフィシャルブログ

グリーングルーってなんですか?

当サイトでも紹介している「グリーングルー」。展示会などで、実演すると良く理解していただけるのですが、施工後の製品のイメージは、「スライム」です。施工前のチューブに入っている状態は、「マヨネーズ」で、これはゴムの素材(ラテックス)が水に溶いてある状態です。
石膏ボードや合板に挟み込むことで、水分がなくなり、いわゆる「スライム」状になります。「スライム」になると、ゴムなのでそれ以上固まりません。この製品が、「接着剤ではない」のはこのためです。この「スライム」状のゴムは、細かな振動を取り除くのに効果的です。
声やピアノ等の音も、空気を伝わる細かな振動です。逆に大きな振動には、固めのゴムが必要となりますので、
「どんな音を軽減させたいのか」を、こちらもしっかりお聞きしながら、商品を選定、ご紹介していくよう心掛けております。こちらのグリーングルーですがこれまでのシート状の防音材と違い、石膏ボードに直に塗布する製品ということでイメージし辛いのではないでしょうか?
前回ブログで御説明した「マヨネーズ」と「スライム」に関して動画を撮影しましたのでご覧ください。

さらに石膏ボード2枚にグリーングルーを塗布したものと、塗布していないものの音の違いを聞いて下さい!

どうですか?
響きが違って聞こえると思います。このように塗布するだけで、石膏ボードが防音ボードに早変わりします。是非一度試してみては如何でしょうか。

さて、余談にはなりますが、このグリーングルーは吸音材なのだろうか?遮音材なのだろうか?どのカテゴリーに入れるべきか?

厳密にいうと、これは制振材になります。音の振動をスライムが吸収して伝えないようにする方法なのです。欧米では、普通にDIYショップで売られている商品だそうです。日本で防音工事をDIYで行う方の需要は非常に少ないのかもしれません。先日販売させて頂いた方は、オーディオマニアの方で外国の記事からこの商材を探してお問い合わせを頂き、納入をさせて頂きました。

担当:石塚

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る