「防音防振ネット!」のお勧め吸音材

お勧め吸音材の選択基準

条件1:防音としての効果が反映される

「防音防振ネット!」でのお勧め吸音材は適正な使い方で、防音できる事が大前提の吸音材であることです。反響音(エコー)が少し抑えられる程度ではなく、外部に影響を及ぼしにくい性能がある製品であること。

条件2: 安心して使用できる

吸音材は可燃性の物や、扱いを間違えると環境に影響を与えてしまうものもありますので、安全な環境が保持できる製品であること。

SVプルーフ

オールインワンの防音材です。吸音、遮音、制振の効果を持ち、全て難燃仕様の安全な製品です。本製品は吸音だけでなく、遮音、制振の効果を持っているために、目で見て確認が取れない騒音の対策に対応しやすいのが特徴です。難燃仕様の材料を用いていますので、引火した際に燃え広がる危険はありません。設置しやすい両面テープ付きです。(両面テープも難燃仕様です)


ポアルC1

吸音材の中では唯一不燃で耐熱温度が高い吸音材です。高速道路などの防音壁、工場や施設などの吸音材として多くの実績があります。様々な条件において対応することが可能で、空気層の部位にアコウスティセルを設置することで
幅広い音域を吸収する事もできます


カームフレックスF2

非常に扱い量の多い吸音材です。加工性が非常に高く、多くの工業製品に使用されています。価格もリーズナブルで、厚みの変更、粘着加工、様々な形状で出荷することができます。