防音防振の豆知識

  • 遮音 (6)
  • 吸音 (4)
  • 制振 (1)
  • 防音シートカタログ

    防音シートの認定基準ができました。

    防音シートの認定基準ができました。 今まで、防音と書かれたシートが支柱に設置されていたものに基準がなく、2018年より仮設工業会がその基準を設けました。規格の大きさは5種類あり、強度や防炎基準、...

    詳細を見る

    遮音シート実験

    遮音シートの騒音透過試験

    本当に面密度の高いものが、防音(遮音)効果が高いのか試験をしてみました。 面密度の異なる5種類のシートを組み替えて、どのくらい遮音効果があるか測定を行いました。試験方法は、ボックスの中にスピーカ...

    詳細を見る

    音溜まり2

    音溜まり

    音溜まりとは、学術的、技術的に定義されている言葉ではありません。騒音をなくす技術が発達してから作られて業界用語です。よって、ここで記述したものが必ずしもすべてを網羅したものではないかもしれませんが、音...

    詳細を見る

    距離の減衰実験

    音の距離減衰の実験を行いました。

    騒音を発生する地点から、距離によってどのくらいどのくらい騒音は減退(減少)するのかを試験してみました。以前、豆知識では机上の計算による音の減少をイラストに書き表しましたが、実際はどのような数値になるか...

    詳細を見る

    piano tyu-ninngu

    騒音関連のデータの見方

    一般的に防音材料と言われるものに、吸音材と遮音材があります。それぞれの材料が性能がどのくらい良いかを判断するのに、弊社では500ヘルツあたりの数値をよくみます。なぜ500ヘルツを見るかと言うと、人の声...

    詳細を見る

    遮音シートの危険性2

    遮音シートの危険性 その3

    遮音シートの危険性 その1 その2で記載致しましたが、音が外部に出ないように遮音シートを設置するには、基本的に面密度の高い製品を使用すれば、透過することを抑えることができます。イラストを見て頂くとよく...

    詳細を見る

    IMG_0402

    遮音シートの危険性 その2

    前回の記事にも書きましたとおり、全面を遮音シートで囲むという防音対策は、反響音が増幅して遮音シートを貼った壁面からも通りぬけてしまう恐れがあります。 しかし、全面遮音シートの防音対策の怖さはそれ...

    詳細を見る

    遮音シートの危険性1

    遮音シートの危険性 その1

    遮音シートを使えば防音ができるという認識を持っている方がいるかもしれません。 それは危険な考えです。遮音シートの性能は音を通さないという特性ありますが、その反面には音を反射する特性も持っています。部...

    詳細を見る

    メガフォン

    音を増幅させるには

    屋外などで、自分の声を遠くの人に届かせるにはメガフォンを使います。どのような仕組みかというと、なんとなく察する事が出来ると思いますが、口から出る声の拡散を防ぎながら集め、前方に向けた穴から発生させる仕...

    詳細を見る

    固体伝播音

    固体音(固体伝播音)

    固体を伝って広がる弾性波を固体音、もしくは固体伝播音と呼びます。振動が元となり伝わる音を示すことも多いです。壁や床の面がスピーカーの役割となり、空気を振動させるスピーカーの役割として発せられます。 ...

    詳細を見る

    音 回析

    音の回折2

    前回は壁を高くすることで、音の回折を防ぎやすくする効果があることを書かせて頂きました。今回はどのようにして音が回折するかを図で表してみます。光も同じような現象が起こりますが、音は目で見る事ができません...

    詳細を見る

    入射角と反射角

    音の入射角と反射角

    音は波状であるために、光と同じような特性を持っています。音源に対して垂直に壁(平滑が条件)を立てると、音はそのまま音源に対して反射します。斜めに壁を立てると、音源からの音は壁に当たり、音源から壁の角度...

    詳細を見る

    音の回析

    壁の高さが防音に優れる理由

    壁があると、遮られます。しかし、音は回折(障害物に当たると回り込む性質)します。壁を挟んでいますが聞こえてしまうのは、この現象があるからです。挿絵のように壁を高くすると、音源からの距離と、壁を乗り越え...

    詳細を見る

    音源から離れると

    音の距離減衰

    一つの音源から、ある距離で音を測り、その倍の距離で更に音を計ると、最初の距離から音は3デシベルほど下がります。最初の距離の4倍の所では、9デシベル下がります。理論上ではありますが、基本的に環境に影響さ...

    詳細を見る

    吸音の仕組み連続気泡

    吸音するスポンジ、吸音し難いスポンジ

    「防音防振ネット!」で吸音材として取り上げている製品の中で、ゴムやプラスチックが発泡されたものを多く取り上げていますが、スポンジであれば吸音効果があると勘違いしてしまうかもしれませんので、吸音効果のあ...

    詳細を見る

    1 / 3123