オフィシャルブログ

集合住宅での上階の足音対策

現在、私がマンションに住んでいるのですが、上の階に住んでいる方の物音が気になることがあります。

おそらく、その階のお子さんが5歳くらいになりますので、その子の部屋を走りまわったりする足音や、ソファーから飛び降りたりする時の衝撃音だと思われます。普通に考えたら、5歳の子供が家の中を走り回るのは当然ですよね。私も幼少のころは、家の中でも遊びまわっていましたから。

子供さんに、家の中を遊びまわらないようにさせるのは、至極困難です。困難と言うか、遊びを我慢させるのは心苦しいと思います。しかし、集合住宅に住まわれている以上、下の階には住んで見える方がいます。飛んだり跳ねたりしては響くのが当然でしょう。それも5歳児であるなら、とんだ衝撃は、軽量衝撃ではなく重量衝撃になると思います。例えば、フエルトの付いた厚手のカーペットでも衝撃は吸収されます。

 

市販されている防音(防振)マットを床に敷いていくだけでも、下の階に伝わる音は軽減されます。発泡体が裏面に付いたものです。私の知り合いが、自宅の床に緩衝性能のある防音マットレスをしただけで、下階の住民の方のクレームがなくなったそうです。

フローリングの床が当然のようなりました。フローリングは清掃や使い勝手は非常に良いのですが、足音だけは現在も多くのフローリングメーカーが技術を競っています。

 

マンションなどでは、近隣の方との付き合いが多く、何かあった時にはお互いが助け合う環境を強みとしています。ですので、お互いが気持ちよく過ごせる住環境を整えるためにも、以上のような音対策は非常に大事なことだと思います。

 

ちなみに最近では、薄畳も見かけるようになってきました。畳の表面に受けた衝撃は、畳の場合、拡散されてフローリングに伝える事ができます。エネルギーは同じでも小さい面積で当たるより、広い面積で当たった方が下の階に伝わる衝撃は、非常に柔らかに抑えられると思います。

担当:大隅

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る