オフィシャルブログ

騒音対策に、AD式間仕切りカーテン!

AD式間仕切りカーテンとは、開閉可能のれん型間仕切りカーテンです。
ADとは「アコーディオン」のことになり、楽器のアコーディオンのジャバラ部分のようにシートが収納される姿からこう呼ばれています。
住宅街に工場など近隣に対して騒音対策として工場内に間仕切りカーテンを付けたい、けれどもフォークリフトや車両の通りが多く固定式のPVC(塩ビ)カーテンではいちいち開閉すると不便・・・。
そんな時に便利なのが、開閉可能なのれん型間仕切り「AD式間仕切りカーテン」です!
開閉には自動タイプ・手動式タイプが選択でき、フォークリフトや車両の通りが多い工場内でも快適な移動を実現し、かつ簡単に仕切ることが出来ます。素材はハンガーはステンレス、レールはアルミニウムを使用しています。食品工場において、多くの実績を有しており、錆びる事がない為に非常に重宝して頂いています。じつは、弊社(共ショウ)の初のPB(プライベートブランド)製品なのです。何度かのマイナーチェンジを繰り返し、先日アルミレールもリニューアルしております。また、折り畳みが可能です。

さらに、この折り畳み機構に大きな特徴があるのです。一般的なスライド式塩ビカーテンは、開口率が50%以下なのですが、AD式間仕切りカーテンは開口率が70%近くまで可能となります(一部条件があります)。一般的なハンガータイプの塩ビカーテンと異なりますので、お気軽にお問い合わせを頂けると有難く思います。

また自動タイプの場合センサー式や押ボタン式、インターロックなど様々なオプションを組み合わせることにより、開閉時に作業者様の開閉作業の負担を軽減することも可能となります。一般タイプ、食品工場に非常に適した防虫オレンジタイプ、静電防止剤が配合されたものもあります。また、塩ビカーテンは難燃剤ですので、引火の際燃え広がる心配はありません。

是非この機会にワンランク上の間仕切りを御検討下さい!!

 

 

塩ビ間仕切りカーテン担当:伊藤

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る