オフィシャルブログ

メラミンフォームは吸音材として輸入された?

防音防振ネット!で掲載している吸音メラミンフォーム、アコウスティセルですが、その材料となるメラミンフォームは、日本国内の最も多い需要として、台所などで洗剤を使用せずに汚れが落とすことができる研磨剤用途が、多くの人に使用されています。今では100円ショップ、ホームセンター、金物販売店などで必ず目にすることができる商品です。

ここからは、筆者が人づてに聞いた話になります。現在も海外から輸入されていると思いますが、生産規格も日本国内のサイズとは異なり、非常に大きな塊で輸入されています。輸入当時、吸音材として展開を図っていたようですが、それ以外の用途でも模索をしていたようです。ある時、販売展開の打合時に机のお茶を溢してしまったので、発泡製品は吸水性があるために机にあったメラミンフォームで吸い込もうとしたそうです。その時に、メラミンフォームで擦った机の天板がきれいになったようです。その現象を不思議に思った方は、メラミンフォームが研磨剤として使用できると思い、現在の様な大きな実績があるようです。

メラミンフォームは、素晴らしいことに洗剤を使用せずに擦ることで対象物の汚れを取ることができます。ある意味、エコロジーな製品と言えるかもしれません。

現在、「防音防振ネット!」では、吸音材としてメラミンフォームを2製品掲載しています。共に、同じような性能を保持しており、優劣しにくい状態です。メラミンフォームの着目する点は、発泡体として最も比重の軽い製品です。1㎥(立米)あたりの重量が6~9kg程度しかない為に、大きな塊でも簡単に手で運ぶことが可能です。この比重に匹敵するのは、断熱材として使用できる硬質ウレタンになります。(比重の軽い材料として思いつくのが発泡スチロールですが、発泡スチロールはメラミンフォームの1.3倍程度あります。)

当サイトは、飽くまで吸音用途としての販売をさせていただきますが、そんな都市伝説があるようです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る