よくある質問(Q&A)

防音材を使わないで防音する方法はありますか?

ページトップへ

基本的に、音源との間に障壁がある場合は音を遮り、防音効果があります。
音源より高くあることが肝心です。また、音源を中心に垂直に面する事が良い効果が得られると思います。また、隙間は音の逃げ道になりますので、密封することを意識ください。パッキン材は、空気の流出を抑えるだけでなく、遮音効果もあります。
また、コンプレッサーの様な振動が出るものは、できれば地面と設置を無くすことで固体伝播音の発生を抑制することができます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

その他のよくある質問を見る

お問い合せ

本社

03-3668-8416

FAX 03-3666-0840

担当:松澤(まつざわ)
石塚(いしづか)

大阪支店

06-6261-4995

FAX 06-6261-4994

担当:後藤(ごとう)
小川(おがわ)

名古屋支店

052-910-5220

FAX 052-910-5226

担当:西尾(にしお)
大隅(おおすみ)

メールでのお問い合せは下記へお進みくださいお問い合せフォームはこちら