防音防振の豆知識

工事現場の音を騒音対策

工事現場の音を周囲に出ないようにする対策

 

現場付近を人が行き交う場所で使用するのに最適な防音対策エコーバリア

工事現場が閉ざされた環境下においても、反響音を抑制しながら外部に漏れないように防音します。

  • 最大10~40dBの騒音低減が可能であり、吸音性が高い。
  • 柔軟性が非常に高いために、ロール状に丸めて留めて搬送することが容易である。
  • 耐候性が非常に高く、雨天においても吸音性能は保持することができ、寒冷地や熱帯地域でも場所を選ばす長期間(〜5年程度)使用することが可能。
  • デザイン性に優れているために、清潔感ある環境を保持することができます。
  • 吸音性のある防音シートですので、反響音を低減させる効果があります。
  • 非常に簡易的に仮設資材に取り付けることができます。

>> エコーバリア紹介ページ

 

 

工事現場内の採光ができる防音シート「F1000T」

一般の防音シートと異なり、透明な高面密度のターポリン(防音)シートの規格品

  • 仮設工業会の認定(認定番号1801-07201-61)を受けた防音シートです。
  • 透明な防音(遮音)シートですので、採光性に優れています。
  •  工事現場の騒音・防音対策として扱うことができます。
  •  一般のポリ塩化ビニル(PVC)と同様の加工性(溶着加工性)があります。
  •  防炎配合により自己消化性を有しています。(消防庁防炎規格合格)

発生する作業音を取り囲んで行う防音対策

作業環境の反響音を感じさせない吸音効果のある防音対策「吸音シート」

作業音の反射音(反響音)による音圧上昇を防ぎます。

  • 防音シートとグラスウール吸音材の複合品のため、反響音と透過音の両方に効果があります。
  • 裏側にハトメ加工をしているため、隙間なく施工できます。
  • 全ての材料に防炎性能を有しているので、工場内でも問題なく使用可能です。
  • 内側の音圧上昇を防ぐことで外部への遮音にも効果を発揮します。
  • カスタムサイズのシートも対応可能です。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

カテゴリ: 防音防振の豆知識

その他の豆知識を見る