オフィシャルブログ

温度差のある環境下での緩衝材

 

先日、お問い合わせを頂きましたメーカー様では、激しい温度差のある状況下での仕様に耐えうる緩衝材のお問い合わせを頂きました。バネでは寸法が足りない、ゴムや樹脂では物性が変わってしまったり、耐えられないものもある中で、弊社のワイヤーメッシュ緩衝材での試験依頼でした。

ゴムや樹脂では、150度を超えると数限られたものしか無いのが実情です。どのような試験結果が出るか楽しみです。

https://bouon-boushin.net/426/

 

 

IMG_0384

 

 

 

 

 

 

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る