防音防振の豆知識

エコキュート(ヒートポンプ)の騒音対策は?

エコキュートの室外機より発生する、低周波、超低周波によって体調を崩したり気分が悪くなるケースがあります。低周波、超低周波というのは、人間の耳では非常に聞き取りにくい音になります。また、聞こえていなくとも害を及ぼすケースもあります。

家庭用エコキュートは、小型で稼働時間も比較的に少ないと推測できますが、業務用になると大型になり、稼働時間も多いことから騒音となっている予想もたてられます。

エコキュートは空気を圧縮させる事で発熱するエネルギーを利用しています。この原理には、モーターなどの回転運動、ピストン運動がエコキュート(ヒートポンプ)の騒音となります。発生する元となる症状は、運動による低周波音(超低周波音)と室外機の振動音が主な症状です。低周波や超低周波は、なかなか人の耳には聞こえづらく、大きな音とならない限りは認知はし難いので、聞こえると判断されると、かなりの大音量であることになります。

また、低周波音(超低周波音)は防音することが非常に難しい部類に入ります。簡素な防音設備では抑制できずに、メガフォンの効果で1箇所から集中的に溢れてしまうことも懸念され、更に音が回折することで、思わぬ方向に進んでしまう危険もあります。

また、室外機は換気も必要であることから、開口部を設けなければなりません。よって、低周波音(超低周波音)の吸音パフォーマンスに優れた材料を使用することが必須となります。

もう一つ注意すべき点があります。エコキュートの室外機は当然屋外にあるために、建築物と同じ様に考えなければならないことです。火災や引火、放火などに対して不燃であること、台風や地震など災害に対して破損や倒壊などの危険が起きにくいことの処置がされていることです。据え置き型になりますが、強風で飛ばされないようにアンカーでしっかり固定して、剛性を持たせることが必要です。ここで紹介しましたパネルは、長期間実績のある防音パネルを使用していますので、安心してご使用いただける強さを保持しています。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

カテゴリ: 吸音 遮音 防音防振の豆知識

その他の豆知識を見る