オフィシャルブログ

家庭でも使用しやすい吸音材の開発

吸音材は、ネット通販で様々なものが出ています。このような仕事をしていく中で、防音防振ネット!でもこのような製品の展開を図って、現在試験を行っています。私が思うには、ひどいものが出ています。軟質ウレタン吸音材は薄ければ安くお手ごろになります。当然ですが、吸音率も悪くなります。高音域においては性能の低下は少ないと思いますが、、、

 

私が思うには、それらの薄い、軟質ウレタン吸音材は粗悪品です。特に白いウレタンは紫外線で黄変します。また、殆どが可燃性のために、火災で引火した際は非常に危険です。ウレタンは石油製品ですので、引火した際は良く燃えます。壁や天井に設置した際は、火の回りは早くなります。

燃えにくい難燃剤入りの軟質ウレタンスポンジの吸音材は、殆どが黒色に近く、部屋の雰囲気を圧迫します。スタジオのような業務的に使う環境であるなら使えるのかもしれませんが、居室と考えると使用しにくいと思います。

 

さらに賃貸物件に設置した際は、退去するときに元通りにして返さなくてはなりません。本当に元通りになるのでしょうか?両面テープで貼られた軟質ウレタン吸音材を、きれいに剥がすことは非常に難しいでしょう。剥がすときに千切れたり、紫外線で風化して粉が落ちたり、両面テープが壁について取れなくなったりと、元通りはできると思えません。

 

防音防振ネット!では、開発製品が以下の改善を試みてチャレンジしています。

・インテリアに影響を及ぼしにくい、ライトグレーの吸音材

・紫外線で変色が少ない吸音材

・火災の際に、燃え広がり難い吸音材

・撤去の際に、簡単に外すことができ、跡が残りにくい物

 

すべての環境条件を満たすことができるか分かりませんが、現在トライしています。当然、「防音防振ネット!」が提案する製品ですから吸音効果があるものです。吸音材のような一般的にニッチな扱いの製品に関して、ネットでは成熟されていない製品を多く見かけることが少し残念に感じるこの頃です。

写真は、壁に接着試験中の開発製品です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る