オフィシャルブログ

ミラドレンの開発は、当初吸音材ではなかった。

吸音材として防音防振ネット!で掲載しているミラドレンですが、本来は吸音材としてはじめから開発はされていませんでした。製造している株式会社ジェイエスピーでは、透水目的として、マカロニのような原料を発泡させ、成型できる技術から目的用途を付加させる経緯に至ったそうです。多孔質になる樹脂のフォーム材として最も製造されているのが軟質ウレタンフォームです。いわゆる台所のスポンジ、椅子やクッションなどに使われているものです。それ以外で多孔質となる樹脂の発泡体で水を透す機能があるのは殆どありません。

ご存じの通り、軟質ウレタンスポンジは手で簡単に潰してしまうことができます。ウレタンスポンジを潰してしまうと、当然孔(あな)も潰れてしまいます。孔がつぶれてしまっては、水も透ることができませんので、透水することはできません。透水を目的とする場合、殆どは地中に埋める用途が多いので、ウレタンスポンジを埋めたとしたら被せられた土の重みで潰れてしまいます。そして透水もしにくくなり、さらには地盤も弱くなってしまい使うことができません。

ミラドレンは、多孔質でありながら発泡プラスチックの中では非常に剛性のある製品です。当然、埋設しても土木資材の断熱材で使用する押出ポリスチレンフォームと同等の強度を持っていますので、非常に使いやすい材料です。

用途は水はけを目的とした、屋上緑化や園芸などの透水材や、ゴルフや屋外でのスポーツのグランドコンディション対策として使用されるケースが多いのが現状です。では吸音材の中で、多孔質でありながら剛性のあるものがあるのかという疑問が出てきます。当然ながら大半は樹脂でできているので、フォーム材としてはミラドレンが多孔質で剛性のあるものとして、唯一無二に近い存在になります。

類似している製品も他には無く、特殊材料と言えるでしょう。

弊社のWEBサイトでも紹介はしたことが無いのですが、ミラドレンは発泡スチロールと同じような成型ができるのです(多少制約はありますが)。様々な形で量産することが可能ですので、透水材料、吸音材の成型品としてお気軽にお問い合わせを頂けると嬉しく思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る