オフィシャルブログ

防音防振ネット!の技術協力

前回のブログにおいて、防音関連商材について技術協力依頼のお仕事を頂きました内容の続きです。詳細はまだ公開することはできませんが、弊社の扱う産業資材のコンシューマー対応製品です。

コロナ禍において、テレワークや、オンラインミーティングの急激な普及において、環境が付いていない状態を改善対策する製品です。BtoB向け商材をBtoC向けに対応するのは、いろいろな壁がある事に気づかされます。安全面や環境面、使用者の認識において、目線を変えてモノづくりを行わなくてはなりません。ついつい、今までの慣習に流されてしまいがちですが、進化の遅いBtoBにおいては、今は転機となるのではないかと考えています。

コンシューマー向けの製品の開発ですが、様々な問題が出ています。国内の配送、製品の取り扱いの件、理解や認識の差、作業者の認識違い等など。

コロナ禍において、BtoBの業態の企業は、BtoCに転換することは非常に難しいのですが、新たな需要の開発においては、BtoCが対応しやすいと思います。製品価値の向上、利用方法の転換、生活スタイルの変化、業務スタイルの変化など、着目するところは沢山あるのかもしれません。見いだせないのか、見出していないのか分かりませんが、新しい商品、製品はどんどん生まれてくるので、我々の努力不足かもしれません。

100円ショップは、アイディアの巣窟ですね。いつも感心させられる商品を見ることができます。生活の中で部分的に不便と感じることを明確化し、製品にして、さらに100円(税抜き)で販売できる力には、頭が下がる思いです。音に関して、お金を払う意義を持ってもらうことや、その価値観をご理解して頂ける提案ができるようになれば良いと思います。

音と言うのは、解決をついつい後回しにできる分野だと思います。改善しなくても、大きな影響を与えることが少ないからです。しかし、改善することにより集中力や、睡眠、疲労、精神への負担などに良い効果を与えることができます。

どれだけの効果があるのかを見出すのは、使用者の方の価値観かもしれません。非常に難しいと感じるこの頃です。

写真は、開発中の一部分です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る