オフィシャルブログ

カームフレックスについて、

産業資材というカテゴリーの中で吸音材と言うと、グラスウールの次にカームフレックスが挙げられます。もしかしたら、吸音材の種類の中では生産量としては一番製造されているかもしれません。主な用途として、自動車の吸音部材が中心となています。製造メーカーはイノアックコーポレーション株式会社です。トヨタ自動車のお膝元に本社を構えるメーカーなので、当然出荷先もトヨタ自動車が多いと思われます。

「防音防振ネット!」においても基本的には、カームフレックスを軸に吸音材を考えます。それほどスタンダードにできる製品なのです。理由としてはいくつか挙げられます。

自動車の部品としての実績がある

産業資材において、自動車の部品として非常に多く使われていることは、製品にとっては大きなステータスがあります。性能や、安全性、供給など、安心して推奨できる条件があるからです。

加工性に富んでいる

切断、打ち抜き、粘着加工と言う加工ができ、工業部品、産業資材としては、様々な形状にすることは大きなメリットがあります。例えばグラスウールのような繊維の塊になると、粘着加工は当然不可能ですし、形状も維持することができませんので、部品として成り立たなくなります。

厚い物も提案できる

比較的吸音材は、薄いと高音域しか対応できませんが、「大は小を兼ねる」であるように熱い物は低音域から高音域まで性能を発揮することができます。カームフレックスは100ミリ以上の厚みも提案することができ(加工には多少制限が出ます)、吸音の対応に大きな幅ができます。

しかしデメリットもありますので、補えない場合がある際は他の材料で検討します。

直射日光、屋外、手が触れやすい場所、不燃材の指定、水滴や雨がかかる場所など、、、

様々な環境に対応できるように製品をラインナップしていますが、それぞれ長所短所がありますので、環境に応じて提案させて頂いております。

軟質ウレタンスポンジ吸音材 吸音材カームフレックス F-2 | 防音防振ネット! (bouon-boushin.net)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る