オフィシャルブログ

SVデスクトップパーテーションの組み立て方法と快適性

クラウドファンディング:マクアケにて掲載致しました、弊社のオリジナル製品SVデスクトップパーテーションの組み立て映像をアップいたしました。レビューについては、YouTubeでアップされたい方も見えるようですので、リンクが貼れれば良いと思っています。

さて、組み立て映像をアップいたしました。取扱説明書など作成しても良かったのですが、細かな説明をイラストや文字であらわすより、動画で表現した方が必ず分かりやすいと思いアップいたしました。

説明書は紛失する可能性がありますが、商品名さえ覚えておけば見つかるので安心です。もともと、何もなくても組み立てができるように設計はしているのですが、、、

 

お陰様で、再販のご要望を頂くメッセージを良くいただきます。また、使用された方の吸音効果のレビューなど見ることができれば、制作者冥利につきます。

 

さて、先週はミュージシャンの方とお話しさせて頂く機会がありました。音楽に携われる方にとっては、防音は欠かせない物となっております。やはり、いろいろな問題があるようで、近所迷惑、録音など音においてもジャンルはバラバラです。特に演奏者は楽器から出る音の反射を聞きながら演奏される方が多い様で、吸音材でガチガチに固めた環境は好まれないみたいです。

楽器メーカーの防音ルームは、音の反射(業界用語で「返り」と呼ぶそうです)にも試行錯誤し、吸音材ばかり使用しない構造になっています。「防音防振ネット!」と楽器関連の防音の共通点は密閉です。密閉することは、場合によっては吸音よりも重要になる場合があります。どのメーカーも密閉した空間を提案しています。「防音防振ネット!」につきましても、気密材と言うカテゴリーを設けるなど重要視しています。

しかし、密閉にするという事は人間の環境的に「暑い」という事になります。エアコンを設置することは良いと思いますが、室外機や換気などの問題点があり、防音をするということでは反比例します。

防音と快適の関係は、しばらく続きそうです。

 

SVデスクトップパーテーションの組み立て方法URL

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る