オフィシャルブログ

防音パーテーション(CC)の発売予定のお知らせ

防音防振ネット!の企画商品「SVデスクトップパーテーション」と同じ用途に使用できる製品を7月下旬に掲載する予定です。

SVデスクトップパーテーションと同等の性能を持ちながら、意匠性、遮音性、開放感に関して向上している製品です。周囲に対する影響も、周囲からの影響もSVデスクトップパーテーションとほぼ同等の性能ですので、防音防振ネット!も安心して提案できる製品です。

この防音パーテーション(CC)の大きな特徴は、WEB会議を行わない際に、天井と側面のパネルを折りたたむことで開放感が得られ、通常の業務に近い雰囲気が与えられることです。

製品の仕上げにも工夫がありアルミにメラミン樹脂焼付塗装を施してあるので、樹脂製と比べ、高品質の落ち着きのある雰囲気が出されています。また、パネルの角部はR加工の形状となっていますので、接触時にもケガをしにくいように施してあります。(SVデスクトップパーテーションも断面を丸くなるように目封止加工を施しています)

卓上防音製品におけるこの二つの製品の特長は、音の回折に対して対応していることでしょう。机の縁のところで吸音材を設置しているタイプは、音声の解説する音を吸音することができないので外部に大きく漏れてしまいます。これでは吸音パーテーションのポテンシャルを十分に引き出せないのです。また吸音材の厚みも、この二つの製品は人の音声を十分に吸音することができます。当然、吸音材の厚みが薄くなればコストも下がりますが、目的に合った性能を保持しなければ、防音パーテーション、吸音パーテーションの製品価値は落ちてしまいます。

最後に防音パーテーション(CC)の欠点を挙げます。重量が重くなることです。当然、アルミとプラスチックダンボールでは開きが出てしまいます。よって組み立ての際は、お一人でも可能ですがお二人での作業を推奨いたします。ちなみにアルミを使うことによって防音パーテーションの遮音性能は質量が上がるために、SVデスクトップパーテーションと比べると必ず向上しています。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る