オフィシャルブログ

騒音測定のアプリ

私たちの環境の騒音がどのくらいの音圧なのか、一般的にはわからないと思います。最近はスマートフォンの普及で色々なアプリが出ており、騒音を測定するアプリは、iPhoneとアンドロイドの両方で存在します。「騒音」「騒音測定」などで検索すると簡単に探すことができます。アンドロイドの方が沢山のアプリが存在しているようで、無料の物から有料の物まで豊富にあります。

 

騒音測定器も以前とは異なり、非常に訳す入手しやすい物となりました。ネット通販や事務用のカタログ販売などで頻繁に目にすることができます。騒音測定器の価格は、数千円の物から数十万円のものまで豊富にあります。機能の違いと言うと、スマートフォンアプリと価格の低い騒音計、価格の高い騒音計は、マイクの性能が異なります。価格が高い騒音計は、非常に敏感に音を採取することができます。感度がとても優れているといえるでしょう。では、価格の低い騒音計、スマートフォンのアプリではどうでしょう?試験したことがありますが、騒音計の数値の差は大きくて1デシベル程度の差が出るくらいでした。音を採取するマイクの形状から見ると、普通のマイクの形状とスマートフォンのマイクの形状は全く異なります。スマートフォンは会話を中心に音を得るために作られていますので、大きくなくても会話ができれば問題ないのです。この機能を使って騒音を測定するのですから、誤差は生じてもおかしくありません。

しかし、ある程度事は足りますので、どの程度の音量があるかを見るのには差支えがありません。私は、頻度良くスマートフォーンのアプリを使用します。広告が出て見にくい時もありますが、スクリーンショットでその時の測定値を記録することができる事と、見やすさで愛用します。おすすめはアンドロイドの「騒音測定器」というアプリです。騒音の最小値と最大値、現状の値が表示され、数秒間のグラフによっても表してくれます。
また、現在の騒音がどのくらいの音域(音の高さ)かを調べるアプリもあるようです。iPhoneの無料アプリでは見つけることはできませんでした(2017現在)が、アンドロイドで「Spectroid」というアプリを使用しています。データの保存はできませんが、計るだけでしたら問題ないと思います。

 

楽しんで使うと、自分の感覚も良くなったりしますので、お勧めします(無料アプリです)。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る