オフィシャルブログ

発泡スチロールは吸音しない

吸音材として使用できそうな材料として、発泡スチロールがあります。ウレタンスポンジと同様に軽くて発泡しているために、良く混同されます。ですが、吸音材としての機能は殆どありません。性能はゼロではありませんが、非常に低いレベルであると言えるでしょう。

ゼロではないことから、生産性の高さから重宝するケースもあると思いますが、実際には

吸音性能を期待してはいけないと思います。同じケースとして、床に敷く衝撃吸収用のスポンジ(お風呂でも使用できるキャラクターの絵がついたものなど)も吸音はほとんどしません。共通しているのは水に浮くことです。どういうことかと言うと、下記にリンクするページでも説明していますが、水に浮くという事は内部に水が入らない構造と言う意味です。

音は沢山の穴が開いているものに侵入し、内部で何度もぶつかることで音のエネルギーを減らして(熱に変換される)、吸音と言う効果になるのです。つまり内部に入り込むような構造でないと、吸音しないという事です。

発泡スチロールなどは水を吸収しませんので、吸音効果も非常に低いというわけです。では、音を通さないという解釈ができるのか?と言うと、音を遮るのは質量、重量ですので、非常に軽い発泡スチロールは、音源を囲っても音を遮る効果は、あまり無いのです。

家具やベッド、台所で使うスポンジは効果があります。しかし、音を吸音しやすい構造の特徴を持っているものを、吸音材として製品化しています。当然、工業製品の部品として使用しますので、難燃性も有しています。

余談になりますが、身近にあるもので吸音しやすい物(ウレタンスポンジ以外)を教えます。

最も効果が高いのは、布団です。それも羽毛ではなく、綿の布団になります。目覚まし時計の音がうるさい時に、布団をかぶると小さくなるのを覚えていると思いますが、それは吸音効果により、音が減衰され布団の中の耳で聞くときには、小さくなるのです。

枕、クッションも同様の効果があります。実際に、音楽スタジオの吸音材として布団が使われているケースがあります。ちょっとカッコ悪いかもしれませんが、本当の話です。

違いの説明を下記のページにて解説しています。

連続気泡と独立気泡 – 共ショウNET (kyosho.nagoya)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る