防音防振ネット!の納品事例

設備機器の防音対策

Image alt

事例詳細

長側面、上部を吸音材で覆う形状で設備から発生する騒音対策の実例です。洞穴のような形状で設備機器の騒音を吸音することで対策しました。設備を囲いすぎると、放熱できなくなったり、吸気する抵抗が出てしまうために、パーテーションの足元の部分を開けることで、対策前と同じ環境に近づけるようにしました。

またこの設備は、年に数回点検や調整を行うために、ボルトでの組み立てとなっており、パーテーションを取り外しが2名で可能です。(大人6人程度で移動も可能です)

設置後、大きく騒音を抑制できた例ですが、パーテーションの大きさによってはできない場合がありますので、営業担当にお問い合わせください。

ご依頼概要

工場内の設備機器の騒音が大きく、防音材(遮音材)で囲みすぎると、機械のオーバーヒートや故障などが起き、点検や修理などがあるために、

その他の納品事例を見る