オフィシャルブログ

遮音シートの選び方(比重と面密度)

遮音シートは、薄い1ミリ程度の物から10ミリ程度の物まで様々あります。防音には吸音と遮音を併せる方法が効果的ですが、今回は遮音シーのみで使用するケースで紹介します。

遮音シートの規格に、比重と言う表記がされています。比重と言うのは、水1000リットル(1000kg)に対して比較するものが同じ体積であった場合、どのくらいの重さであるかを比較したデータです。数学、物理的定義において比重は定義されていないようですので、試験機関や製造メーカーによって単位がある場合と、無い場合があります。

単位が無い場合は水と同じ体積で比べた場合の倍率になり、単位がある場合は1立米あたりの重さの表記が一般的です。(グラスウールの表記は、1立米あたりの重さが表記されています)

しかし、遮音の効果は面密度によって大きく性能差が出るといわれています。面密度とは、1平米あたりの質量を表す表記です。つまり、遮音する面積に多くの質量があれば遮音効果が出やすいと言うことになります。遮音シートの場合、厚みを増すことによって音響透過損失のデータが良くなっているように、「厚みを増す=面密度が上がる」公式が成り立つのです。

比重が大きいから性能が上がるのではなく、面密度が上がることで遮音効果が増すと考えることが賢明です。

面密度の計算方式は、比重*厚み=面密度 です。

また、遮音シートメーカーの製品には、制振効果が含まれるものもあります。実際の防音効果は、材質や施工方法、環境に大きく左右されることがありますので御注意下さい。

遮音材の選択方法

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

ブログ一覧に戻る