防音防振の豆知識

  • 遮音 (6)
  • 吸音 (4)
  • 制振 (1)
  • 遮音シートの危険性1

    遮音シートの危険性 その1

    遮音シートを使えば防音ができるという認識を持っている方がいるかもしれません。 それは危険な考えです。遮音シートの性能は音を通さないという特性ありますが、その反面には音を反射する特性も持っています。部...

    詳細を見る

    メガフォン

    音を増幅させるには

    屋外などで、自分の声を遠くの人に届かせるにはメガフォンを使います。どのような仕組みかというと、なんとなく察する事が出来ると思いますが、口から出る声の拡散を防ぎながら集め、前方に向けた穴から発生させる仕...

    詳細を見る

    固体伝播音

    固体音(固体伝播音)

    固体を伝って広がる弾性波を固体音、もしくは固体伝播音と呼びます。振動が元となり伝わる音を示すことも多いです。壁や床の面がスピーカーの役割となり、空気を振動させるスピーカーの役割として発せられます。 ...

    詳細を見る

    音 回析

    音の回折2

    前回は壁を高くすることで、音の回折を防ぎやすくする効果があることを書かせて頂きました。今回はどのようにして音が回折するかを図で表してみます。光も同じような現象が起こりますが、音は目で見る事ができません...

    詳細を見る

    入射角と反射角

    音の入射角と反射角

    音は波状であるために、光と同じような特性を持っています。音源に対して垂直に壁(平滑が条件)を立てると、音はそのまま音源に対して反射します。斜めに壁を立てると、音源からの音は壁に当たり、音源から壁の角度...

    詳細を見る

    音の回析

    壁の高さが防音に優れる理由

    壁があると、遮られます。しかし、音は回折(障害物に当たると回り込む性質)します。壁を挟んでいますが聞こえてしまうのは、この現象があるからです。挿絵のように壁を高くすると、音源からの距離と、壁を乗り越え...

    詳細を見る

    音源から離れると

    音の距離減衰

    一つの音源から、ある距離で音を測り、その倍の距離で更に音を計ると、最初の距離から音は3デシベルほど下がります。最初の距離の4倍の所では、9デシベル下がります。理論上ではありますが、基本的に環境に影響さ...

    詳細を見る

    吸音の仕組み連続気泡

    吸音するスポンジ、吸音し難いスポンジ

    「防音防振ネット!」で吸音材として取り上げている製品の中で、ゴムやプラスチックが発泡されたものを多く取り上げていますが、スポンジであれば吸音効果があると勘違いしてしまうかもしれませんので、吸音効果のあ...

    詳細を見る

    19180_publi_081_02

    吸音材選び、間違っていませんか? その2

    室内の吸音材で最も注意しなければならないのは、火災時における引火の危険性です。騒音対策、防音対策は重要ですが、それ以上に人命は最も大切です。せっかく設置した吸音材に引火して生命の危険に及ぶことがあれば...

    詳細を見る

    垂直入射法吸音率グラフ F-2

    吸音材選び、間違っていませんか? その1

    吸音材選びで重要なのは、吸音率と音の周波数です。どの位の高さの音を静めたいかで材料を選ぶべきです。例えば子供さんの声を吸音材を使って対策しようとする場合、子供の声は一般的に1000Hz前後ですので、1...

    詳細を見る

    ako

    不燃吸音材ポアルの性能アップ

    吸音材「ポアル」は、多くの施設で使用されています。屋外で長期間使用でき、不燃と言う特性を持っていることから、場所を選ぶことが殆どありません。性能も優秀で、取付方法を考慮すれば低音域にも効果を発揮するこ...

    詳細を見る

    MF

    メラミンフォームは吸音材として輸入された?

    メラミンフォームと言えば、100円均一ショップでもよく見かける家庭用研磨材として有名ですが、海外から輸入を試みる際には吸音材としてメーカーは考えていたようです。私が聞いた話で確証は全くありませんが、吸...

    詳細を見る

    takoushitu

    吸音する際の多孔質材料の比較

    この「防音・防振ネット」では、他の防音材料を販売しているサイト様と比較して、吸音材を多く取り扱っております。そのせいか、お客様からの問合せも「吸音」に関するお悩みを多く頂いております。どの吸音材を使う...

    詳細を見る

    ww

    ホワイトウールを掲載いたしました。

    繊維系吸音材の中では、環境に対して最も安全はタイプです。性能はもとより、加工性に至るまで安心してお使い頂ける商品です。吸音率の表記も垂直入射、残響室法と提示しております。 ...

    詳細を見る

    CFF2

    吸音材 カームフレックス

    機械などの吸音材として、最も使用されているのが軟質ウレタンであるカームフレックスです。カームフレックスにも多々種類がありますが、汎用的なものとしてF-2があります。カームフレックス(吸音性能がある軟質...

    詳細を見る

    1 / 212